宿題とスクールカウンセラー

スクールカウンセラーと面談しました!

実は、面談の前にも「この宿題はやらなくてはならないの?」
と、思う宿題が出てきました。
詳しく内容は書けませんが、休日を使って市場調査をする宿題で、
親が全面的に手伝わないとできるはずのない宿題ですが、
親への協力依頼の手紙は担任から配布されていませんでした(-_-;)
宿題内容もレベルが高く、親がつきっきりで一緒にしないと完成できません。

「何?この宿題???」
それだけでストレス倍増・・・・(T_T)
とうとう、私がストレスから体調を崩してしまいました。

残る期待はスクールカウンセラーのみ!
夫はどうしても外せない仕事で同席できず・・・。
一人での面談となりました。

時間は一時間ほどあったと思いますが、
話す時間が足りませんでした。
我が家の凸凹と宿題を語るには「姉はADHDで・・・」
から始まります。私が説明が下手というのもありますが・・・・。
小さいころから、今までを大急ぎで伝えました。

今回のスクールカウンセラーとの面談で分かったこと。

① 担任と面談をし、ロッタの事を理解してもらう。


ロッタは「書く」ことが苦手です。今回のあれこれでハッキリとわかりました。
集中力も極端に短い。でも、短い時間を何度も繰り返せば頑張れます。
ドリルも、ノルマの3回を頑張ったら、4回目も5回目もチャレンジしましょう。というような
終わりのない目標はやる気を奪います。3回なら3回で終わり。とはっきり決めてもらえると
終わりを目指して頑張れます。

そういうロッタの特性を担任に伝えなくてはなりません。
スクールカウンセラーからも伝えてもらえますが、私も話さなくてはなりません。
ロッタの為です。担任と面談のアポを取ることにします。

② ロッタと私(ママ)が幸せなら、それでOK!

宿題で母子の関係が崩れるなら、宿題はしなくてもいい。
そう思える面談でした。
「書く」ことは、私が代筆することで負担が減ります。
音読も、やらなくてもサインしてもいいということでした。

私は根がとても真面目なので、いつも
「やってもないのに、やったことにする」ことが
良いのか、いつも心の片隅で罪悪感を感じていました。
でも。今のロッタにできる範囲で頑張れれば、それは頑張りになります。
それでいいのだと確信できました。


世間的には、明らかにおかしい事でも。
先生が聞いたらビックリするような事でも。
(答え丸写し作戦とか)
ロッタの爪がきれいなって、髪の毛を食べたり抜いたりしなくなる事の方が
う~んと、大切なんだなぁ。って思いました。

ロッタが爪をかむこと。
髪の毛を口に入れていることは
スクールカウンセラーが言うには「イライラの現れ」だそうです。

色々あって、ロッタが学校でものすごく頑張っていると感じました。
それは勉強だけでなく、人との関わり方とか、お友達とのやり取りとか。
とても気を遣っているんだと思いました。
元気いっぱいなロッタだけれど、一人でも行動できるロッタだけれど、
繊細で気の小さいところもあるんだなぁ。と思いました。

学校でいっぱい頑張っていて、家に帰ったらその疲れが
どっと出るのだろうと思います。
大人でも、家に帰ったらちょっとゆっくりしたいですからね。
ホッとしたいのだと思います。

自分の持っているパワーをフル回転させるのがADHDの子だと思います。
そのパワーは電池式のオモチャの様。
電池が切れたら動けない。
学校では電池を使い切るくらいに、ロッタはロッタなりに頑張っているのでしょう。
私にできる事は、残りの電池でロッタが家で頑張れる範囲を見極めて
手助けすることだと思いました。

ロッタとトットは真逆のタイプと思っていましたが、
よく似ているところも多いです。特に、凸凹の特性は似ているかもしれません。
トットをもう一度育てると思えば・・・。
なんとなく、見えてくるものがありました。

16_11_23.jpg

カウンセラーとの面談の帰りにロッタと駅へ。
トットと合流して、香に癒されるニールズヤードのお店へ。

ストレスが溜まってどうしようもないときは、ここへ来ます。
そんな時でないと、なかなか買えないニールズヤード。

ハンドクリームがお得でした。(*^_^*)
ロッタは蜂蜜。
私は店員さんがストレスにいいですよ。と勧めてくれた
メリッサハンドクリーム。
トットはワイルドローズ。

プラスして、アロマオイルも二種類購入。

疲れた時は、優しい香りに癒されます。(*^_^*)


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-23 : 宿題 : コメント : 2 :

スマゼミは発達凸凹の娘も楽しく勉強ができる

連日宿題関連の記事でごめんなさい。
妹のロッタは6月くらいからスマゼミというタブレット学習を始めました。
ロッタはこのスマゼミに夢中です。

スマゼミは勉強すればするほど、ご褒美にゲームができます。
このゲームがロッタにとっては何よりのご褒美になっています。
我が家にはテレビもありませんし、従妹からもらったボロボロのDSとマリオの古いソフトと、
ほかに一つ古いソフトがあるだけです。
ロッタはちいさいころからゲームを楽しんだことがなかったので、スマゼミのゲームは楽しくて仕方ないのです。
(テレビゲームや最新式の3DSで遊んだ子には、スマゼミのゲームは物足りないかもしれません。)

ロッタは宿題を家で頑張ったり、やるべきことをしたらポイントとしてYouTubeの視聴時間がもらえます。
曜日ごとにやるべきことは表にして貼っていますので、できたら消していきます。
あらゆる工夫は試してきました。それでもできない宿題・・・。
宿題をしないロッタが学校の勉強に遅れていないのはスマゼミをやっているからだと思います。
カウンセラーも勉強はスマゼミでOKと言っていました。ロッタにあっている方法だと。
(過去記事→)

スマゼミの楽しさをロッタに聞いてみました。
スマゼミ用語がありますので、先に解説します。
スターとは・・・一つの単元を終わらせるとスターという星のご褒美がもらえる
コーデとは・・・・自分のキャラクターを決めて、洋服のコーディネートなど自由に決められる
トークとは・・・LINEのようなスマゼミ独自のシステム。家族と話ができる。
他の友達とは・・・私の憶測では、スマゼミが子どもの勉強の成果が出た時に、架空の友達を使って
 トーク(LINEのようなもの)で褒めるシステムを作っていると思います。実際には存在しない友達だと思います。

★スマゼミで楽しく勉強できる理由をロッタに聞いてみました。★

スターを集めると、ゲームができたり、コーデの衣装がスターと交換でもらえる。

*スマゼミで勉強した次の日に画面を開いたら、
 「いいペースで学習できているね。
 今日もその調子で学習を進めよう、ミッションに取り組むのがお勧めだよ」
 と、褒めてもらえたり、
 「大丈夫?勉強の事でしすぎると体を壊すから早く寝よう」と心配してもらえる。

*自分用のミッション(自分用の勉強コース)を作ってもらえる。

*答え合わせでたくさん間違えても
「間違えなおしをしたら、スターがあと一個もらえるよ」とメッセージが届く。

*間違えなおしをして百点を取ったら、「よく頑張ったね」とメッセージが届く。

*説明の仕方がとても分かりやすい。

*目に見えるわかりやすい方法をすぐに教えてくれる。

*スマゼミの漢字は、漢字が汚かったら、鬼のハンコが押されてやり直しさせされる。
 やり直しは、「見直し」になって、お手本のと、自分の漢字を比べて自分が間違っていたところがわかる。

*重さの単元は、(量りのところは) グラムという文字の書き順も教えてくれる。

*ゲームでは25マス計算タイムアタックというものがある。
 掛け算や、足し算引き算もある。簡単なのもあるけど難しいものもある。
 自分のタイムがわかって、やる気が出るし見直しもできる。

*答えが間違っていたら×をされるけど、間違えなおしで頑張って考えて正解だった時すごく嬉しい。

*社会の学習は説明がある。分かりやすい説明だから頑張れる。

*理科は植物の写真をタッチすると、植物の写真が大きくみられるのが分かりやすい。

*何回も間違えると、「解き方を見る」という文字がある。
 それを押すと、もっと詳しい説明が出る。それを見ると分かる。

*何回やっても解けないときは、最初に戻ってやり直すこともできる。

*頑張った次の日、トーク他の友達から褒められる。

*スマゼミのトークでママから褒められて嬉しい。ママとトークをするのが楽しい。
 スタンプを送れるのも嬉しい。

**************************************************

いっぱいロッタがスマゼミの楽しさを語ってくれました。
スマゼミはすぐに褒めてくれるんですね。
私もできたら褒めているつもりなんですけど・・・(-_-;)
ロッタに尋ねたら、ママも褒めてくれたら嬉しいと言います。

でも、褒められることは少ないです。宿題に取り掛かれないので
「よくできたね」って褒められないのです。
宿題に取り掛かり始めたら、いろいろ声をかけていました。
でも。それはロッタにとってストレスになるそうです。

(宿題のやる気を奪う声かけや、宿題へやる気を出す声掛けなどは、上の子の時からかなり勉強してきました。講習会にも参加しましたし、本もたくさん読みました。親として頑張りました。それでも、普通の子に合うやり方では、我が子は全くできません。発達障がいの子どもに対するやり方を試行錯誤していくだけです)

勉強(スマゼミ)は好きだけど、宿題は嫌い。
嫌いなことはしなくてもいいのか。嫌いなことから逃げていいのか。
お姉ちゃんのトットの時から何年も宿題というテーマと戦ってきました。
トットは高校生になった今やっと。ほんの少しだけど自分から宿題をするようになりました。
自分からできるその日までは、「宿題なんてしなくていいんだよ!」って言ってあげたい。
2学期から宿題はさせていませんでした。校長先生も宿題なんてしなくていいよ。って言ってくれました。
ですが、肝心の担任とのやり取りがうまくいきません。
直接話しても解決しないとはトットの時に思い知らされたので、
まずはスクールカウンセラーと話したいと思っています。

宿題への考え方は色々あると思います。
考え方が違うと思われる方は、どうかスルーして下さい。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-15 : 宿題 : コメント : 2 :

宿題をしない子どもの心は私と同じだった

週末仕事に出かけていました。
ロッタを連れていきました。宿題の答えを丸写ししているロッタを見た
実家の母とケンカになりました。
実家の母は元祖教育ママです。
答えを丸写しなんて、あ・り・え・な・い!
実家の両親には、お姉ちゃんのトットが診断された時に伝えています。
やっと発達障がいとは認めてくれましたが、実家の母が認めるには
かなりの時間がかかりました。

ロッタもかなり落ち込んでいました。
それを見た実家の父が母に言ってくれました。

「私たちは、毎日一緒に暮らしてくるわけじゃない。
ロッタちゃんの事を一番よく知っているのは、くろくろちゃんなんだ。
くろくろちゃんが一番ストレスが溜まっているし、一番苦労しているんだ。
私たちができる事は見守ってあげる事。できる事があればしてあげること。
それしかないだろう。
一日中子どもを見ているくろくろちゃん夫婦にしか分からない事がたくさんあるんだから、
それに対して口を挟むべきじゃない。」

実家の母は元祖教育ママであり、元祖鬼嫁でもあります(;^ω^)
なので、黙って聞いてはいませんでしたが(;'∀')
少し納得したようでした。

実家の父は毎朝、仕入れに行く車の中で
NHKラジオの教育相談を聞いているそうです。
なので、いま時のお母さんの悩みや
それに対するプロの答えを聞いているので
理解があります。(過去記事の追記に少しだけ→)

帰り道。ロッタに
どうして宿題をしないのか尋ねてみました。
今までも尋ねたことはありましたが、今回は明確な答えが返ってきました。

*家に帰って宿題をしようと思うとテンションが下がる。
*宿題をしようと思うと元気がなくなったり、ほかの事に夢中になってしまう。
*朝学校で宿題をしているのは、先生に怒られるから仕方なくやっている。
*ドリルのノルマを考えて学校でたくさんするのは嫌。休み時間が全部なくなる

*計算ドリルの嫌いなことろ・・・
 ①ひっ算。式を書くのがメンドクサイ
 ②分からない問題はほとんどないけれど、やりたくない。
  
*漢字の嫌いなところ・・・
 ①文字をなぞるのも嫌い。漢字がいっぱいありすぎて頭に入ってこない。
 ②漢字の練習が多すぎて感じが覚えられない。
 ③漢字は書くのもメンドクサイ。

なるほどね!確かにそうだね。
でも。きっと子どもなら、みんな同じことを思うはず。
けれども、トットもロッタもあらゆる工夫をしても宿題をしませんでした。

(褒める。ご褒美を与える。ポイント制=ご褒美にして達成感を持たせつつ楽しく取り組む。
やるべきことを表にして目に見えて取り組めるようにする)

逆に、あらゆる罰を与えてもしませんでした。
自分がやろうと思わないことはしないのが我が子たち。
発達凸凹の娘たちなのです。

ロッタの話を聞いて「あれ?」と思いました。
私はお料理が好きではありません。特に晩御飯が一番憂鬱です。
ロッタの宿題を「晩御飯を作る」に変換しました。
すると!なんと私と気持ちと全く同じではありませんか!

*用事で外に出たり、学校の活動や持ち帰りの仕事を終えて晩御飯を作ろうと思うとテンションが下がる。
*晩御飯を作ろうと思うと、あとですればいい家事を先にしたり、寝てしまう。
*晩御飯を作る理由の第一は節約のため。そして、家族がお腹を空かせているから仕方なく作る。
*3食作るなんて絶対に嫌!夏休みなどの長期休暇はどこかで手を抜かないと、とても無理・・・。
*スイッチが入ると頑張って常備菜をたくさん作るけれど、「作ろう!」と思う時と「作りたくない」と思う時の差が激しい。
*頭では、健康のため。家族のために晩御飯を作らなくてはならないと分かってはいるけれど
 どうしてもやる気が出なくて夕方になると眠くて仕方ない。
*お菓子作りは好きだけれど、毎日必ず作らなくてはならないものでもないし、
 手作りのお菓子は体に良いけれど、市販のお菓子でも代替えできる。
 お菓子作り=絶対にやらなくてはならないものではないから好きなのかもしれません。


ロッタの宿題に当てはめてはいけないのかもしれませんが(-_-;)
ロッタになくて私にあるもの・・・
それは権力とお金 ( ̄△ ̄) !!


*我が家では「ご飯まだ?」と尋ねることは禁止しています。私のストレスとなるので。
(権力を使っています。これは宿題まだ?宿題できた?と聞かれるのと同じかも)

*晩御飯を作りたくなかったら、お財布と相談して外食にしたり、ご飯だけ炊いてお惣菜を買っています。
(お金を自由に使える私だからできる)

*「晩御飯なんて作る暇ないのよ!子どもの宿題に付き合うだけで精一杯!」
と、時々発狂する私を見て、実家の父がおかずを数品持たせてくれます。
(私の代行をしてくれる人がいる)

私は、小さい頃から「やるべきことは先にする子」でした。
仕事も「いつも先取りでギリギリに仕事を終わらせるなんて嫌い」でした。
どちらかというと完璧主義者です。
勉強は嫌いだったけれど(教育ママの母の影響で)、最低限の宿題はきちんとしていましたし、
短大のレポートなんて、期日を遅れたことは一度もありません。

ですが、お料理になると・・・・。
全く別人になってしまうんですよね。(;´・ω・)

勉強嫌いな私と違って、ロッタは勉強が好きです。宿題が嫌いなだけです。
長くなりましたので、続きは次回に・・・。

宿題への考え方は色々あると思います。
考え方が違うと思われる方は、どうかスルーして下さい。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-14 : 宿題 :

前記事訂正です+宿題への模索

前記事をupした後、私が連絡していたママ友が
あちこち確認を取ってくれたようで・・・・。
結果。計算ドリルは
できる人は6回。できない人は3回。
と、お知らせが来ました。

ですが、子どもによって言うことがそれぞれ違って(-_-;)
子どもたちが理解できてないのかな?

6回すでに終わっている子も多いというのもあると思います。
自主学習を子どもたちがしないので、自主学習の代わりの
計算ドリルみたいです。

答え丸写し作戦!
これをさせるのも・・・きつい・・・orz

数回大きな声で怒鳴ってしまいました・・・。

一回もしてないのは、一度やってから二回目から答えを写したらいいね。
と、話していましたが、一回もやってないのが6ページほどあり、
やる気が失せたようで、まったく進まない。

はぁ。とても疲れました。

スクールカウンセラーとの面談はパパも一緒に行ってくれる予定です。
私がノイローゼ気味と伝えてくれるようです。

宿題のない学校があるなら転校させたいです。

ネットをフラフラして宿題関連の記事など見ていました。
苦労されている方は意外にいるんですね。
一番共感したのは
「宿題をさせろというなら、体にあざができても通報しないでください」という
方の言葉でした。

親も頑張っているんですけどね。それでもやってくれないと
親も人間ですから、感情のコントロールができなくなります。
気持ちはとてもわかります。
そうならないように、あれこれ試行錯誤でやっていますが、
どうもうまくいきません。

来週のスクールカウンセラーとの面談に期待しようと思います。

計算ドリルは一回すれば2回目からは答えを丸写しでOKにしようと思いました。
そのほうが、私が楽です。
答えを写すのも労力がいりますからね。

今日のロッタはスマゼミもできず、ちょっとかわいそうでした。

甘やかしなのか。ワガママを認めているようなものなのか。
私もわかりません。でも。ロッタの心を一番に考えてあげたいのです。

ネットをウロウロしていたら、宿題で苦しんでいる方へお勧めの本。と、
紹介されていた本がありました。

「宿題なんて怖くない」という本です。

早速、ネット注文しました。届くのが待ち遠しいです。

宿題に関しては意見もいろいろ。賛否両論あると思います。
この記事を読んで「何か違う」と思われたら。
スルーして下さい。m(_ _)m


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-12 : 宿題 :

宿題がなければ幸せに暮らせる?

何かと気ぜわしい毎日で、パソコンを開く時間もありませんでした。
また!毎度の宿題テーマです。
「宿題がなければ幸せに暮らせる」今まで何度も思ってきました。
宿題の量が多い先生には憎しみすら抱いてしまいました。
宿題で苦しむのは子どもが小学校の間だけだと思います。
高校生のトットに関しては宿題をやってるのかやってないのか。すら把握せず。
ただ、彼女の今の生活態度で、「大学の推薦受験ができなくなった」ことが決定している。
ということだけ知っています。orz
そのくらいでしょうか。本人が困るだけで私は困りません。
中学校も、公立高校に行くことを最初からあきらめれば、宿題はしなくてもOKです。
通知表の5段階評価で「1」を取らず、欠席を多くしなければ、私立高校へ行けます。
なので、中学も宿題は親は放置でいいと思うのです。
我が家の小学生のロッタ。
ロッタに宿題をさせることで追い詰めた毎日。(過去記事→☆)
やっと今。ロッタに宿題をさせるのをやめて、ロッタも元気に学校へ行くようになりました。
(ロッタは朝早く学校で宿題をしています。)
これでいい。と思っていたのですが・・・。
新たな問題勃発です。
計算ドリルは学期中に3回するのがノルマでした。
このままだと3回間に合うかなぁ。終業式前に追い込まれてするのかなぁ。
ロッタがどうするのか見ていよう。くらいの軽い気持ちでいたのですが。
なんと!急にドリルのノルマが6回に増えました!!← 訂正します。通常通りでした。
理由は「クラスのほとんどの子が6回やってきているので、全員6回やってくる」
↑できる人は6回してきてください。とのこと。目標は6回!
?(;_;?) ワケワカメ・・・
意味が分からないんですけどぉ~!!!!!!!!!!!!!
ロッタは先生から「このままじゃ6回間に合わないわよ」と注意されたそうで・・・。←ロッタは6回と思い込んでいました。
学校の自習時間に頑張って問題が簡単なページをたくさんやってきていました。
保護者会で尋ねました。
ノルマは3回でいいのですよね?って。
なんで変えるの?しかも倍になってる!!
みんなができる事でも、その子その子で能力も違うはず。
最初から6回って決めてほしかった・・・orz
さて。どうするか。
ロッタに怒ってまたさせても、6回は私の許容範囲を超えています。
「答え丸写し作戦」  (; ̄ー ̄)
もう、これしかありません。
この週末。習ったところだけ丸写しで提出させます。
ひっ算のページは、ロッタが一度やっているノートを丸写しします。
(繰り上がりの数字が書いてないと写したことになって認められないので)
横につきっきりにはなりますが・・・。
まだ、3回目すら終わってない少数派の子たち。どうするのかな・・・・。
先生は冬休みにさせると言っていますが・・・。
小耳にはさんだ話では、冬休みさせるといっても毎日つきっきりで
先生がさせることはできないので、数回学校へ来て
ある程度で結局終わってしまうんですよね。
宿題さえなければ・・・。
いつもそう思います。どうしてこんなに宿題に振り回されるのだろう。って。
でも。一番に大事にしたいのはロッタの良いところを伸ばすこと。
難しい小説だって読むロッタ。今は宿題ができなくても。
「ダメな子」ではないはずだから・・・・。
宿題のない学校ってないのかなぁ・・・・・。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-11 : 宿題 :
ホーム  次のページ »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます