夏休みには宿題という魔物がいる・・・。

高校生のトットが発達凸凹ではないかと思ったのは小学校3年生の時でした。
妹のロッタは療育は受けていたものの、一年生の時のWISC(だと思う)テストでは
数値的には「白」だったので、療育も小学校に入学してからは受けていません。
が、過去ブログで夏休みなどの長期休みには記事になっている
宿題!
(過去記事は→☆1☆2☆3 )
我が家の悩みの種でした。が、ロッタはトットと違って
板書もできる。ドリルの書き写しもできる。定規だって上手に使える。
なので、限りなく黒にちかいグレーかな。くらいにしか思わず。
小学校の懇談会でも、話題はいつも「宿題をどうやってさせるか」だったりするので、
子どもは宿題が嫌い。と自分に言い聞かせていました。
が・・・。
この夏休み。とにかく宿題をしてくれないロッタ。
トットは高校生になったのもあり、トットに「宿題は?」ということも少なくなったからか、
私もロッタの宿題がとにかくイラつく。
テーブルに座っても、まったくやらない。
夏休み後半は、こっちもイラつきMax!
怒鳴り声が近所に聞こえてはマズイと思って、宿題はスタバでさせたりしました。
周りの目があるので、小さな声で「いい加減に、始めなさいよ」と、脅しながら(-_-;)
夏休み前半に、極度の睡眠不足から長いこと倒れていた私。
ロッタはその時に、「夏休みのドリル」を3分の2は終わらせていました。
ですが、ここからが長い戦いなのです。(-_-;)
☆間違っている個所(ケアレスミス)を指摘するだけで不機嫌になり悪態をつく
☆漢字があまりに雑なので、やり直させようとすると不機嫌になり悪態をつく
☆分からない問題、苦手な問題を教えようとすると不機嫌になりやる気をなくす。
とにかく。大変なのです。
計算間違いは、ちょっとしたケアレスミス。大したことないのですが
「やり直し」「もう一度解く」が、大の苦手。
しかも、態度が悪い悪い。
優しく言って聞かせるのも限度がありますからね。
最後は私も発狂します。(-_-;)
私は元々料理が大っ嫌い。お菓子作りはちょっぴり好き。です。
8月。ロッタの宿題で心身ともに疲労困憊の私は、夕食を作るのをやめました。
あれだけ頑張っていたトットのお弁当もやめました。
8月の食費。パパのボーナスをほぼ。半分は使い切ってしまったような・・・・。
しかも。宿題をさせるスタバでのドリンク代も馬鹿にならない。
あぁ。こんなことなら塾に行かせとけば良かった。と後悔しました。
夏休みのドリルに親からのメッセージを書くスペースがあります。
「やっとロッタの宿題から解放されて、家族みんな喜んでいます。冬休みは塾で宿題をやってください」
と、殴り書き(-_-;)しました。
このままでは、お金もかかるし、トットは「毎日パンいやだ。弁当がいい」というし
私のメンタルもダメになりそうで・・・・。
ロッタの発達障がいを調べよう。と、決心したのが二学期始まってからでした。
2学期の宿題も、もちろん。全く進まないロッタ。
最高は8時間。机に座らせて、やっと漢字1ページ。計算ドリル2ページ。が終わっただけ。
どんなに怒られても、私が発狂しても。
机に座って、爪を噛む。噛む爪がなくなったら足の爪を噛む。
鉛筆で遊んでいる。消しゴムのカスで遊んでいる。
そんなこんなで8時間。
トットと度合いは違っても。ロッタも発達障がいに違いない。
そう。思って精神科医を尋ねました。
楽しく始めたライフスタイル系のブログを閉鎖して。
記録のために旧凸凹ブログの続きを書こう。
この。凸凹を記録しよう。そう思った夏の終わりでした。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ


2016-09-15 : ロッタ :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます