宿題がなければ幸せに暮らせる?

何かと気ぜわしい毎日で、パソコンを開く時間もありませんでした。
また!毎度の宿題テーマです。
「宿題がなければ幸せに暮らせる」今まで何度も思ってきました。
宿題の量が多い先生には憎しみすら抱いてしまいました。
宿題で苦しむのは子どもが小学校の間だけだと思います。
高校生のトットに関しては宿題をやってるのかやってないのか。すら把握せず。
ただ、彼女の今の生活態度で、「大学の推薦受験ができなくなった」ことが決定している。
ということだけ知っています。orz
そのくらいでしょうか。本人が困るだけで私は困りません。
中学校も、公立高校に行くことを最初からあきらめれば、宿題はしなくてもOKです。
通知表の5段階評価で「1」を取らず、欠席を多くしなければ、私立高校へ行けます。
なので、中学も宿題は親は放置でいいと思うのです。
我が家の小学生のロッタ。
ロッタに宿題をさせることで追い詰めた毎日。(過去記事→☆)
やっと今。ロッタに宿題をさせるのをやめて、ロッタも元気に学校へ行くようになりました。
(ロッタは朝早く学校で宿題をしています。)
これでいい。と思っていたのですが・・・。
新たな問題勃発です。
計算ドリルは学期中に3回するのがノルマでした。
このままだと3回間に合うかなぁ。終業式前に追い込まれてするのかなぁ。
ロッタがどうするのか見ていよう。くらいの軽い気持ちでいたのですが。
なんと!急にドリルのノルマが6回に増えました!!← 訂正します。通常通りでした。
理由は「クラスのほとんどの子が6回やってきているので、全員6回やってくる」
↑できる人は6回してきてください。とのこと。目標は6回!
?(;_;?) ワケワカメ・・・
意味が分からないんですけどぉ~!!!!!!!!!!!!!
ロッタは先生から「このままじゃ6回間に合わないわよ」と注意されたそうで・・・。←ロッタは6回と思い込んでいました。
学校の自習時間に頑張って問題が簡単なページをたくさんやってきていました。
保護者会で尋ねました。
ノルマは3回でいいのですよね?って。
なんで変えるの?しかも倍になってる!!
みんなができる事でも、その子その子で能力も違うはず。
最初から6回って決めてほしかった・・・orz
さて。どうするか。
ロッタに怒ってまたさせても、6回は私の許容範囲を超えています。
「答え丸写し作戦」  (; ̄ー ̄)
もう、これしかありません。
この週末。習ったところだけ丸写しで提出させます。
ひっ算のページは、ロッタが一度やっているノートを丸写しします。
(繰り上がりの数字が書いてないと写したことになって認められないので)
横につきっきりにはなりますが・・・。
まだ、3回目すら終わってない少数派の子たち。どうするのかな・・・・。
先生は冬休みにさせると言っていますが・・・。
小耳にはさんだ話では、冬休みさせるといっても毎日つきっきりで
先生がさせることはできないので、数回学校へ来て
ある程度で結局終わってしまうんですよね。
宿題さえなければ・・・。
いつもそう思います。どうしてこんなに宿題に振り回されるのだろう。って。
でも。一番に大事にしたいのはロッタの良いところを伸ばすこと。
難しい小説だって読むロッタ。今は宿題ができなくても。
「ダメな子」ではないはずだから・・・・。
宿題のない学校ってないのかなぁ・・・・・。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-11 : 宿題 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます