スマゼミは発達凸凹の娘も楽しく勉強ができる

連日宿題関連の記事でごめんなさい。
妹のロッタは6月くらいからスマゼミというタブレット学習を始めました。
ロッタはこのスマゼミに夢中です。

スマゼミは勉強すればするほど、ご褒美にゲームができます。
このゲームがロッタにとっては何よりのご褒美になっています。
我が家にはテレビもありませんし、従妹からもらったボロボロのDSとマリオの古いソフトと、
ほかに一つ古いソフトがあるだけです。
ロッタはちいさいころからゲームを楽しんだことがなかったので、スマゼミのゲームは楽しくて仕方ないのです。
(テレビゲームや最新式の3DSで遊んだ子には、スマゼミのゲームは物足りないかもしれません。)

ロッタは宿題を家で頑張ったり、やるべきことをしたらポイントとしてYouTubeの視聴時間がもらえます。
曜日ごとにやるべきことは表にして貼っていますので、できたら消していきます。
あらゆる工夫は試してきました。それでもできない宿題・・・。
宿題をしないロッタが学校の勉強に遅れていないのはスマゼミをやっているからだと思います。
カウンセラーも勉強はスマゼミでOKと言っていました。ロッタにあっている方法だと。
(過去記事→)

スマゼミの楽しさをロッタに聞いてみました。
スマゼミ用語がありますので、先に解説します。
スターとは・・・一つの単元を終わらせるとスターという星のご褒美がもらえる
コーデとは・・・・自分のキャラクターを決めて、洋服のコーディネートなど自由に決められる
トークとは・・・LINEのようなスマゼミ独自のシステム。家族と話ができる。
他の友達とは・・・私の憶測では、スマゼミが子どもの勉強の成果が出た時に、架空の友達を使って
 トーク(LINEのようなもの)で褒めるシステムを作っていると思います。実際には存在しない友達だと思います。

★スマゼミで楽しく勉強できる理由をロッタに聞いてみました。★

スターを集めると、ゲームができたり、コーデの衣装がスターと交換でもらえる。

*スマゼミで勉強した次の日に画面を開いたら、
 「いいペースで学習できているね。
 今日もその調子で学習を進めよう、ミッションに取り組むのがお勧めだよ」
 と、褒めてもらえたり、
 「大丈夫?勉強の事でしすぎると体を壊すから早く寝よう」と心配してもらえる。

*自分用のミッション(自分用の勉強コース)を作ってもらえる。

*答え合わせでたくさん間違えても
「間違えなおしをしたら、スターがあと一個もらえるよ」とメッセージが届く。

*間違えなおしをして百点を取ったら、「よく頑張ったね」とメッセージが届く。

*説明の仕方がとても分かりやすい。

*目に見えるわかりやすい方法をすぐに教えてくれる。

*スマゼミの漢字は、漢字が汚かったら、鬼のハンコが押されてやり直しさせされる。
 やり直しは、「見直し」になって、お手本のと、自分の漢字を比べて自分が間違っていたところがわかる。

*重さの単元は、(量りのところは) グラムという文字の書き順も教えてくれる。

*ゲームでは25マス計算タイムアタックというものがある。
 掛け算や、足し算引き算もある。簡単なのもあるけど難しいものもある。
 自分のタイムがわかって、やる気が出るし見直しもできる。

*答えが間違っていたら×をされるけど、間違えなおしで頑張って考えて正解だった時すごく嬉しい。

*社会の学習は説明がある。分かりやすい説明だから頑張れる。

*理科は植物の写真をタッチすると、植物の写真が大きくみられるのが分かりやすい。

*何回も間違えると、「解き方を見る」という文字がある。
 それを押すと、もっと詳しい説明が出る。それを見ると分かる。

*何回やっても解けないときは、最初に戻ってやり直すこともできる。

*頑張った次の日、トーク他の友達から褒められる。

*スマゼミのトークでママから褒められて嬉しい。ママとトークをするのが楽しい。
 スタンプを送れるのも嬉しい。

**************************************************

いっぱいロッタがスマゼミの楽しさを語ってくれました。
スマゼミはすぐに褒めてくれるんですね。
私もできたら褒めているつもりなんですけど・・・(-_-;)
ロッタに尋ねたら、ママも褒めてくれたら嬉しいと言います。

でも、褒められることは少ないです。宿題に取り掛かれないので
「よくできたね」って褒められないのです。
宿題に取り掛かり始めたら、いろいろ声をかけていました。
でも。それはロッタにとってストレスになるそうです。

(宿題のやる気を奪う声かけや、宿題へやる気を出す声掛けなどは、上の子の時からかなり勉強してきました。講習会にも参加しましたし、本もたくさん読みました。親として頑張りました。それでも、普通の子に合うやり方では、我が子は全くできません。発達障がいの子どもに対するやり方を試行錯誤していくだけです)

勉強(スマゼミ)は好きだけど、宿題は嫌い。
嫌いなことはしなくてもいいのか。嫌いなことから逃げていいのか。
お姉ちゃんのトットの時から何年も宿題というテーマと戦ってきました。
トットは高校生になった今やっと。ほんの少しだけど自分から宿題をするようになりました。
自分からできるその日までは、「宿題なんてしなくていいんだよ!」って言ってあげたい。
2学期から宿題はさせていませんでした。校長先生も宿題なんてしなくていいよ。って言ってくれました。
ですが、肝心の担任とのやり取りがうまくいきません。
直接話しても解決しないとはトットの時に思い知らされたので、
まずはスクールカウンセラーと話したいと思っています。

宿題への考え方は色々あると思います。
考え方が違うと思われる方は、どうかスルーして下さい。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-15 : 宿題 :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます