価値観が崩れた日

~長文ですので、お時間ある方はお付き合いください~
前記事の続きです。
ロッタに凸凹があるなら、その凸凹に対してどうしたらよいか。私の納得できる答えが欲しくて考えました。
信頼していた主治医は亡くなっている。その主治医と近い考え方といったら・・・。
たった一人しか思い浮かびませんでした。亡くなった主治医の奥様。臨床心理士で心理カウンセラーをされています。
トットが主治医にお世話になっているころから、隣接でクリニックがありました。
カウンセリング専門のクリニックですが、気軽に訪れることはできません。
なぜなら。医療保険が使えないので、1時間みっちり話せますが、全額負担です。
病院なら3割負担。全額となると我が家にとっては高額です。
一瞬、迷いましたが、ロッタのため。行ってみないとわからない。そう思って心を決めました。
先生は、優しい雰囲気の私と同年代の方でした。
トットのこと。亡くなった主治医のこと(カウンセラーのご主人)そしてロッタのことを話しました。
この夏休み、心身ともに疲れ果てたこと。
ロッタの宿題のことでどれだけ困っているか。
私の話すことに、一つ一つ丁寧に答えていただけました。
ロッタのことはもちろん。私の考えなども質問されました。
そういえば、亡くなった主治医は会うと開口一番に
「お母さん。今月はトットちゃんの光るところ。なにか見つけた?」って
尋ねる人でした。
亡くなった主治医に出会って、私は自分の価値観を崩されました。
私が思っている常識とか。当たり前のこと。
根底からひっくり返されました。
やっぱり今回も。同じでした。(笑)
*一番の問題。ロッタの宿題について・・・。
☆宿題をしなさいと言わない
ことになりました。( ̄△ ̄) !!
8時間机に座らせても、終わらない宿題→リンク
そのことに意味があるのか。と、私は解釈しました。
ロッタは勉強嫌いではありません。
持参したスマゼミのタブレットも先生に見せました。
ロッタは「今月の頑張った君」にいつも選ばれるくらい、スマゼミで勉強しています。
スマゼミは国、算、理、社 に対応しているので
宿題をしなくても、最低限の学力はここで大丈夫。ということでした。
ロッタはなぜ宿題よりもスマゼミで勉強するのか。
スマゼミのシステムがよくできているのはもちろんですが、
「反応が早い」からではないか。ということでした。
学校の宿題は頑張ってやっても、先生からの結果は次の日の帰るころ。
スマゼミは、○・× が瞬時にかえってきます。
それが、ロッタの凸凹にぴったりなのかもしれません。
*漢字の練習に関して。
あまりに適当すぎるロッタの漢字練習。ひどい文字を書き直させようとすると
不機嫌になり、悪態をつき、全くやらなくなります。
☆漢字のやり直しはさせない




ことになりました。( ̄△ ̄) !!
漢字については、やり直しをさせるべきか迷っていたので納得です。
なぜなら。トットが通っていた中学受験のための塾での方針。
3年・4年の漢字は、形があっていれば○なのです。
中学年で、止め・はね・はらい で×にすると
「漢字を書くことが嫌いになる」からだそうです。
高学年から、とめ・はね・はらい をきちんとさせます。
子どもは○が付けばつくほど、勉強が楽しくなる。という考えの塾でした。
ロッタの漢字宿題で学校の先生が×でやり直しさせるのなら。そこは学校の先生にお任せ。です。
*宿題をしないと○○には行けません
週末や夏休み。例えば今日は午後から映画を見に行くよ。宿題をそれまでに終わらせてね。
ごく普通の言葉がけだと思います。
私が小さいころ。明日は海に行くよ。ってことになったら、言われた宿題を慌てて終わらせていました。
が・・・。予定が目の前にあると、ロッタは宿題ができなくなります。(トットもそうでした)
声をかけると「どうせ間に合わんもん・どうせ行けないもん」と、まだ数時間残っていてもいじけます。
なので、映画に行くと決めていてもロッタには伝えないようにしています。
☆予定は時間を決めて伝える。宿題をしていなくても予定通りに実行する




ことになりました。( ̄△ ̄) !!( ̄△ ̄) !!( ̄△ ̄) !!
これは。本当に大丈夫なのか????????
と、思いました。宿題やってなくてもいいの?そしたらいつも宿題をやらずに遊びに行くんじゃないの?って。
ですが、この予定には、ロッタと私の寝る時間も入っています。
ロッタは10時に寝る。ママは10時半に寝る。
宿題は関係なし。ママはママの生活リズム(トットのお弁当作り5時起きのため)を守る。
ロッタもきちんと寝る時間を取る。
私とロッタが共倒れしないためです。
そうやって、決めた予定はいつも予定通りに行う生活に変えます。
先生(カウンセラー)とは、一時間20分お話ししました。
私の価値観が、再び・・・崩されました。
「学校のことは学校に任せる。塾のことは塾に任せる。お母さんが教えるのは家でのこと。」
主治医の言葉が思い出されました。
先生(カウンセラー)の言葉で心に響いたこと。
「周りに振り回されない。もし。不登校になっても。誰も助けてくれないから」
ロッタの小学校は教育熱心な地域。
懇談会では、いつも「宿題をいかにきちんとさせるか」が話題。
担任も、子どもが頑張れるのは親の協力あってこそ。という考え。
宿題しない子=ダメ親
と、私が見られることが一番嫌なんですよね。きっと。
毎日つきっきりでロッタを心が壊れるくらいに叱って宿題をさせて。
それでもやらないから手が出る。そして、親子関係は悪化。
忘れ物がないように全部チェックして。毎朝起こして。
完璧な状態で学校へ送り出すことに意味があるのだろうか。
そうやって、いつまで 「してあげる」 のだろうか。
そして、新学期。
トットもロッタも起こしていません。
ロッタの宿題は全く感知せず。
ロッタが答え合わせをしてほしい。と言えば、します。
チェックをしてほしいと言えば、します。
言わなかったら・・・。何もしません。
「宿題は?」も、ほとんど言わなくなりました。
(たまに、宿題どうなった?)ってつい言っちゃうけど。
一応。試行錯誤で我が家のルールを決めながらです。
唯一。ロッタに宿題を促す存在。トット。
「ロッタちゃん。算数の宿題はやったほうがいいと思うよ」
って。声をかけてくれます。
「ママは、朝、答え合わせしてくれないと思うよ」と付け加えて。(笑)
優しいお姉ちゃんです。(*^_^*)
(そんなお姉ちゃんに反抗的にしか答えないロッタですが)
さて。もうすぐお昼。
まだ起きてこない眠り姫たちを起こしましょう。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-09-24 : ロッタ :
« next  ホーム  prev »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

05 ≪│2018/06│≫ 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます