子育ての時間は短い

一月も後半に入ってしまいました。
更新できない間、訪問してくださった方。
ありがとうございます。
やっと。いつもの調子が戻ってきました。
12月は仕事がとても忙しく、人手も不足していて
慌ただしく過ごしていました。
下の子、ロッタの宿題問題から体調を崩してしまいました。
ストレスは身体にしっかりと出てきますね。
元旦から数日休みが取れた頃には、体も心もくたくたで。
久しぶりに、精神的に参ってしまい、イライラしっぱなしでした。
そういう時に限って、関わりたくない人から連絡が入ったり。(-_-;)
学校が始まり、バタバタしていましたが、やっと少し落ち着いてきました。
今年は、自分にとってストレスとなることは、できる限り避けていこうと思います。
ロッタ。3学期始まって数日は「学校に行きたくない」と言っていましたが、
やっと調子が戻ってきたようです。今は元気に学校へ行っています。
宿題は、ちゃんとしています!
担任の先生が、ドリルをどこまでやるのかを明確に指示してくださり、
漢字も書けば○をもらっています。
音読は、しなくてもサインをしていますが、学校の音読コンクールでは
賞状をもらっているので、問題ないと思います。
宿題に関しては、本当にこれでいいのか。と悩みましたが、
コメントやメッセージで励ましていただき、
世間と多少ずれていても、ロッタがよければ、それでよし。
そう思えるようになりました。
子育ての時間は、思った以上に短いものだと、つくづく感じます。
今、一番に優先すべきことを大切に、子どもと過ごしていきたいと思います。
お料理が苦手な私にとって、夕方までに食事を用意することが一番のストレスと思い知らされました。
できることなら作りたくないのですが、時々、実家の母が食材を大量に買い込んで渡してくれるので、腐らせてはもったいないと、もらった食材で常備菜など作っています。
どうして、こんなにも台所に立つだけでイライラするのか、気持ちがグッタリするのか。
結婚した当初は、少ないお給料の中でやりくりして、多動のトットと公園で遊んでも食事は作っていましたし、ストレスでもありませんでした。
料理が嫌いは共働きになってからです。
多分、今の生活の中でやる事が増えてキャパオーバーになっているのだと思います。
正直しんどいです。でも、夕方に手が空けば、ロッタと話す時間も増えます。
家に帰ってきたら、できるだけガス抜きをしてあげたいのです。
ブロ友さんが、心と身体のバランスについて短い文章を載せていました。
ロッタの宿題のあれこらから、心と身体のバランスが崩れてしまった私。
ブロ友さんは、頑張りすぎずほどほどに。と書いていました。
そう!キャパオーバーでも頑張るんです。私は。そして、しばらく何もできなくなるほど倒れてしまって、また頑張るんです。
私もやっぱり凸凹なんですね~。
以前からそうだと自覚はありましたが、夏休み頃からはっきりそう思うようになりました。
なので…
「ほどほどに」を、今年の目標にしようと思います。(๑>◡<๑)
夕方までに出来ないときは、お惣菜を買っても。
お弁当は作らなくても。たまにはいいや~って思うようにしました。
お弁当もワンパターンですが、低い数値の小麦アレルギーのあるトットはお米を喜んでくれるので、できる時は作る。無理はしない。ゆる~いペースで。(*^_^*)
(お弁当がない日は学校でオニギリを買って食べてくれています。唐揚げとオニギリが一緒になった、美味しいのがあるのです!)
トット。あと数ヶ月で高校二年生です。
年末の個人面談や担任からの電話で分かったこと。
トットが行きたいと希望している大学は、なんと県外の大学でした。
志望校はいくつかありますが、担任に第一志望として伝えたのは、
毎年夏休み、我が家に遊びに来てくれる私の教え子の大学でした。
トットには、「家から通える大学」とお願いしていました。
経済的には自宅から通ってくれれば助かります。
私から猛反対されると思ったのか。トットからその大学に行きたいことは聞いていなかったので
担任から聞いてビックリ(*_*)
トットが行きたいと思う大学は、
今のままでは厳しいので、本当に目指すのであれば
勉強するしかありません。
予想外に、トットも数年したら、家を出る可能性が出てきました。
早ければ、あと二年で家を出る。
そう思うと、子どもと過ごす時間ってあっという間です。
今年は、その時間を何よりも大切に過ごそうと思います。
ほどほどに。(^ ^)
ところで、パソコンが壊れました。
修理が必要だそうです。(T_T)
スマホから更新ですので、コメント欄閉じています。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2017-01-19 : ひとりごと :

向き合う

あっという間に今年も残りわずか!
更新しない間も訪れてくださっている方々。
ありがとうございます。
とても嬉しく思っています。(*^_^*)
ロッタの宿題問題。学校へ行きたがらなかったこと。
ご心配おかけしました。
ロッタは元気に学校へ行っています。
担任の先生がロッタに無理のないように配慮をしてくださって
宿題も以前よりスムーズにできるようになりました。
お友達との人間関係も今は問題なく過ごせているようです。
担任の先生が気にかけて一生懸命してくださっているからだと思います。

私は2冊の本に出合いました。
「宿題なんてこわくない」という本と
「『発達障害の僕が輝ける場所をみつけられた理由」という本。
(栗原類さんの本です。)
この2冊を暇を見つけては読んでいました。
いつか、記事にしたいと思っています(*^_^*)
2冊の影響もあり・・・
ロッタに早寝早起きの習慣をつけさせるために
夕方には食事ができるようにし、宿題のアドバイスの方法も変えました。
今までも横についてはいましたが、今まで以上にゆっくりと宿題の時間を
取るようになりました。
ロッタが家に帰ってきたら、一緒にお茶を飲みながら息抜きをさせるようにしました。
そんな毎日を送っていたら、あっという間に一日が過ぎ、
パソコンに向かう時間もなかなか取れず(-_-;)
プラスして仕事も繁忙期に入り、多忙な毎日で・・・(T_T)
ロッタと一緒に生活リズムを整えて、時間を見つけてボチボチ更新したいと思っていますので、
たま~に「どうしてるかな?」と、遊びに来ていただけると嬉しいです。



* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-12-15 : ロッタ : コメント : 8 :

書くことが嫌い

高校生のトット。そして小学生のロッタも
「書くことが嫌い」です。
トットの凸凹に気が付いたのも「書く」ということができなかったからです。
(過去記事→)
小学生の頃はドリルの計算式をノートに書くこともできませんでした。
定規もうまく使えませんでしたので、計算ドリルを写す事ができず
私が問題を書いてあげることで解決しました。
(発達障がいを知らなかったので、解決するまではとても大変でした。)
トットは中学生時代、友達からノートを借りては、書き写してばかりいました。これは、授業中では、黒板の字を時間内に書き移せないからです。
自宅にコピー機能のあるプリンターを購入することで協力しました。
テスト前、勉強はしませんでしたが、ノートを書き写すことで内容を覚え、
それが成績につながった気がします。
高校生になった今も「書く」ことに苦手はありますが、
担任の先生も特別目立って板書ができないことはない。と言っていました。
「書く」ことで覚えることができると、友達のノートを借りて書き写すことで気が付いたトット。
板書をすることは、あとからノートを見直して勉強するためではなく、
その場で内容を頭に入れる暗記法にしているようです。
トットは自分の特性を知ることで、自分なりの工夫が少しずつできるようになってきました。
さて。ロッタ。
ロッタは、定規も上手に使えます。
ドリルだって書き写すのに一時間以上かかったりしません。
絵だって、トットに比べれば上手だと思います。
でも。やっぱり「書く」ことが嫌いなのです。
計算ドリルの答えを丸写しすることもできない
ことで気が付きました。
計算ドリルの答えを写すことに罪悪感があって書けないのではなく
(カウンセラーからも尋ねられましたが、それはありません)
書き写すことがメンドクサイのです。(-_-;)
私が、隣で問題の数字と答えを言ってあげれば、スラスラ書けます。
例えば
「①、32×4は、128」と、言うと
ささっと、言われた通りにドリル一ページ分書けます。
トットもそうでしたが、書き写すことが苦手なのだと思います。
もしくは「大っ嫌い」だと思います。
計算ドリルは私が問題を書いてあげると、スラスラと説くことができます。
間違いを指摘すると怒っていたロッタですが、
問題を書き写す労力を使っていないので
計算間違いを嫌がらずにやり直すことができます。
今、ロッタはドリルへの直接の書き込みをしていますが、
計算ドリル一ページを集中して解くことができています。
集中力が短いロッタにとって、問題を書き写すことは
書き写すことでパワーを使い果たすので
問題を解き始める頃には、パワーが残っていないのだと思いました。

できるだけ夕方は隣で一緒に宿題をできるようにしようと思います。
学校でいっぱい頑張っているんだもの。
帰ってきたら、まずはゆ~っくりさせるのも大切ですね。

* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-27 : 凸凹への工夫 : コメント : 0 :

愛情ある対応の先生

ロッタ。今月に入ってからかな・・・月曜日は学校へ行くのを嫌がるようになりました。
月曜日は必ず休む。火曜日くらいまで休むことも。
祭日明けも行きたがりませんでした。

スクールカウンセラーと面談した日も休んでいました。
祭日明け。どうしても学校へは行かないと言うロッタ。
お休みさせました。ところが・・・

10時ころ。電話がかかりました。
相手は校長先生!
今から学校へ来ませんか?来れないなら担任を迎えに行かせます。
と・・・・。

私。仕事で帰宅が遅く、二度寝していたところでしたので(;^ω^)
「いえいえいえ~~~。私が連れていきます!」
と言って電話を切りました。

ロッタに校長先生から電話があってロッタに学校に来てほしいって!
と伝えると・・・。
笑顔になりました。ロッタは校長先生が大好きなのです。
でも、支度をするのに一時間かかりました。
教科書を持って行こうか、どうしようか。
そんなことを悩んでいました。
玄関に出ると寒いから上着はどうするか。
理由はいろいろで足が動かないようでしたが、
行こうとする気持ちはあるように見えました。

やっと。用意ができて私と二人で学校へ行きました。
玄関を入ると校長先生に会いました。
校長先生はロッタを見るとすぐにギューッと抱きしめて
「ロッタちゃん。会いたかった!最近来ないんだもの」と言ってくれました。
ロッタは嬉しそうに、恥ずかしそうにしていました。

ロッタと担任と校長先生と3人で話し合いをしたそうです。

昼過ぎに校長先生から電話がかかりました。
ロッタが教室へ戻ったこと。
行きたくない理由は解決するよう策を提案したこと。
それを聞いて私もホッとしました。

担任からは、夕方電話があったそうですが、
私は仕事で不在でした。でも、連絡帳にも書いてくれていました。
担任もロッタが学校に来ないことは心配だったようです。
対応を考えてくれると書いてくれていました。

ロッタが学校に行きたくない理由は
お友達に嫌なことを言われることが一番でした。
実は、私もそのことを知ったのはつい最近でした。
連絡帳に、ロッタに嫌なことを言うお友達と話し合ったと書いてありました。

そして、宿題が嫌で学校へ行きたくないことも話したそうです。
ひっ算は私が式を書いてくれればできると伝えたそうです。

担任の先生が、漢字の練習帳に、今日練習する漢字を行の一番上に書いてくれてました。
8時ころ。宿題は?と尋ねると、ささっと取り掛かりました。
ドリルは先生が3回目が終わったところから書き込んでいいですよ。と
言ってくれたので、終わりが見えたロッタは
一ページだけですが、ちゃんとやっていました。

勉強に子どもを合わせるのではなく、
子どもに勉強を合わせる。


同じような悩みを持ったことのある方がブログに載せていた言葉です。
(本の中で書かれていた言葉だそうです。)

来週、担任と時間を取ってもらって詳しく話そうと思います。

明日。ロッタは元気に学校へ行けそうです。


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-25 : ロッタ : コメント : 2 :

宿題とスクールカウンセラー

スクールカウンセラーと面談しました!

実は、面談の前にも「この宿題はやらなくてはならないの?」
と、思う宿題が出てきました。
詳しく内容は書けませんが、休日を使って市場調査をする宿題で、
親が全面的に手伝わないとできるはずのない宿題ですが、
親への協力依頼の手紙は担任から配布されていませんでした(-_-;)
宿題内容もレベルが高く、親がつきっきりで一緒にしないと完成できません。

「何?この宿題???」
それだけでストレス倍増・・・・(T_T)
とうとう、私がストレスから体調を崩してしまいました。

残る期待はスクールカウンセラーのみ!
夫はどうしても外せない仕事で同席できず・・・。
一人での面談となりました。

時間は一時間ほどあったと思いますが、
話す時間が足りませんでした。
我が家の凸凹と宿題を語るには「姉はADHDで・・・」
から始まります。私が説明が下手というのもありますが・・・・。
小さいころから、今までを大急ぎで伝えました。

今回のスクールカウンセラーとの面談で分かったこと。

① 担任と面談をし、ロッタの事を理解してもらう。


ロッタは「書く」ことが苦手です。今回のあれこれでハッキリとわかりました。
集中力も極端に短い。でも、短い時間を何度も繰り返せば頑張れます。
ドリルも、ノルマの3回を頑張ったら、4回目も5回目もチャレンジしましょう。というような
終わりのない目標はやる気を奪います。3回なら3回で終わり。とはっきり決めてもらえると
終わりを目指して頑張れます。

そういうロッタの特性を担任に伝えなくてはなりません。
スクールカウンセラーからも伝えてもらえますが、私も話さなくてはなりません。
ロッタの為です。担任と面談のアポを取ることにします。

② ロッタと私(ママ)が幸せなら、それでOK!

宿題で母子の関係が崩れるなら、宿題はしなくてもいい。
そう思える面談でした。
「書く」ことは、私が代筆することで負担が減ります。
音読も、やらなくてもサインしてもいいということでした。

私は根がとても真面目なので、いつも
「やってもないのに、やったことにする」ことが
良いのか、いつも心の片隅で罪悪感を感じていました。
でも。今のロッタにできる範囲で頑張れれば、それは頑張りになります。
それでいいのだと確信できました。


世間的には、明らかにおかしい事でも。
先生が聞いたらビックリするような事でも。
(答え丸写し作戦とか)
ロッタの爪がきれいなって、髪の毛を食べたり抜いたりしなくなる事の方が
う~んと、大切なんだなぁ。って思いました。

ロッタが爪をかむこと。
髪の毛を口に入れていることは
スクールカウンセラーが言うには「イライラの現れ」だそうです。

色々あって、ロッタが学校でものすごく頑張っていると感じました。
それは勉強だけでなく、人との関わり方とか、お友達とのやり取りとか。
とても気を遣っているんだと思いました。
元気いっぱいなロッタだけれど、一人でも行動できるロッタだけれど、
繊細で気の小さいところもあるんだなぁ。と思いました。

学校でいっぱい頑張っていて、家に帰ったらその疲れが
どっと出るのだろうと思います。
大人でも、家に帰ったらちょっとゆっくりしたいですからね。
ホッとしたいのだと思います。

自分の持っているパワーをフル回転させるのがADHDの子だと思います。
そのパワーは電池式のオモチャの様。
電池が切れたら動けない。
学校では電池を使い切るくらいに、ロッタはロッタなりに頑張っているのでしょう。
私にできる事は、残りの電池でロッタが家で頑張れる範囲を見極めて
手助けすることだと思いました。

ロッタとトットは真逆のタイプと思っていましたが、
よく似ているところも多いです。特に、凸凹の特性は似ているかもしれません。
トットをもう一度育てると思えば・・・。
なんとなく、見えてくるものがありました。

16_11_23.jpg

カウンセラーとの面談の帰りにロッタと駅へ。
トットと合流して、香に癒されるニールズヤードのお店へ。

ストレスが溜まってどうしようもないときは、ここへ来ます。
そんな時でないと、なかなか買えないニールズヤード。

ハンドクリームがお得でした。(*^_^*)
ロッタは蜂蜜。
私は店員さんがストレスにいいですよ。と勧めてくれた
メリッサハンドクリーム。
トットはワイルドローズ。

プラスして、アロマオイルも二種類購入。

疲れた時は、優しい香りに癒されます。(*^_^*)


* … * … * … * …* … * … * … * …* … * … * … * … * …

ランキングに参加しています。
応援していただけると更新の励みになります(*^_^*)

人気ブログランキングへ
2016-11-23 : 宿題 : コメント : 2 :
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

くろくろ

Author:くろくろ
ADHDの姉・トット(高校生)
不思議ちゃんな妹・ロッタ(小学生)
二人の娘との成長記録。
娘たちに伝えたいことの記録。
長い凸凹道にも花はどこかに咲くはず♪

カレンダー(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

お世話になってる素材屋さん

ご訪問ありがとうございます